社長会長就任祝い同時

社長会長就任祝い同時の胡蝶蘭と贈る際に気を付けるべきマナー

就任祝いは、ビジネスにおいてとても大事なお祝い事です。

華やかで気品が感じられる胡蝶蘭就任祝いのギフトとして大変人気があります。

【当サイトで分かる事】

  • 1,社長会長就任祝い同時の胡蝶蘭を贈る際に気を付けるべきマナー
  • 2,社長会長就任祝い同時の胡蝶蘭の相場
  • 3,胡蝶蘭が就任祝いにふさわしい理由
  • 4,おすすめの胡蝶蘭のご紹介

参考になれば幸いです。

社長会長就任祝い同時の胡蝶蘭と贈る際に気を付けるべきマナー

実際の商売上のお付き合いは複雑だったりします。贈り先の相手、贈る側の考え方により胡蝶蘭のランクの選定も迷います。当サイトでは、お花の選び方、贈り方が分かります。胡蝶蘭ショップの比較もしていますので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

社長会長就任祝い同時の胡蝶蘭を贈る際に気を付けるべきマナー

社長会長就任祝い同時の胡蝶蘭を贈る際に連名にして贈るのはNG

取引先との付き合いによりますが、NGになるのは、連名にして一つのお祝いを贈ることです。

これは、省略の意味があり失礼に当たるからです。

社長会長就任祝い同時の胡蝶蘭を贈る3つの考え方

  • ① 新会長に胡蝶蘭を贈る
  • ② 新社長に胡蝶蘭を贈る
  • ③ 新会長・新社長それぞれに胡蝶蘭を贈る

 

①②③どちらも間違いではありません。

  • 会長・社長とも隔たりなくお付き合いが深い場合はお二人に胡蝶蘭を贈るとよいでしょう。この場合は胡蝶蘭のサイズやお値段相場に差をつけずに贈るとよいでしょう。
  • お付き合いによって、どちらかに面識がなかったり、お付き合いに差がある場合はお付き合いの深さで決めてもよいでしょう。

 

就任祝いは1日付けが多い

就任は一日付けが多いです。また、移転祝いと重なり胡蝶蘭の注文が集中しますので早めの注文が必要になります。特に3月末から4月上旬が一年の中で一番のピークとなります。

就任は一日付けが多い

  • 毎月1日付け
  • 新年度の4月1日付け
  • 株主総会後の7月1日付け
  • 10月1日付け

 

社長会長就任祝い同時の胡蝶蘭は辞令確認後!

一般的にお祝いごとの贈り物は、遅れないように贈ることが鉄則とされています。就任祝いの場合も就任することを知っていながら時期を逃して贈り物をすることは大変失礼に当たります。

しかしだからと言って、ただ早く贈り物を贈れば良いというわけでもありません。就任祝いを贈る時期において何より大事なことは、必ず正式な辞令が出たことを自分で確認してから贈るということです。

人づてに辞令を聞いてお祝いを贈ったり、辞令の発表前にお祝いを贈るのは厳禁です。なぜなら辞令の内容変更の可能性があり、なおかつ前任の方に大変失礼な行為となるからです。また就任する予定のご本人に確認を取るのもマナー違反です。本人に直接真偽を確かめて確証を得たいと気持ちも分からないではありませんが、この行為は大変失礼にあたりますので気を付けましょう。

正式に辞令を確認したらなるべく早いうちに就任祝いを贈るようにするのが、正しい就任祝いの贈り方です。

遅くとも1週間以内に先方の元に届くようにしてくださいね。その際到着は仏滅を避けるようにするのも外せないマナーですので、覚えておくといいでしょう。

就任祝いの相場は相手との関係性が重要!

就任祝いの相場は一概にいくらと断定できるものではありません。なぜなら相手がどのような立場であるかや自分とどういう関係にあるかによって、相場は大きく変わってくるものだからです。以下にお相手別の相場についてまとめました。ぜひ参考にして下さいね。

  • 取引先の社長や役員…30,000~50,000円程
  • ここぞの時はワンラック上の5万円から10万、格調高くなりますのでオススメです。お祝いには定番となる白に加えて、人目を集めるピンクや黄色の胡蝶蘭も喜ばれます。
  • 上司…部署メンバーなど複数人で贈る場合は20,000~30,000円ほど。個人で贈る場合は10,000~20,000円程
  • 同僚…10,000~20,000円程

 

ちなみに複数人で贈る場合は一人当たり3,000~5,000円程の予算の贈り物を贈ることが多いようです。贈り物は相場より安すぎても高すぎても、相手に対して失礼になります。就任祝いにふさわしい相場をぜひ覚えておいてくださいね。

社長会長就任祝い同時の胡蝶蘭のオススメ!「商売繫盛の胡蝶蘭!」

お花を使って運気を上げる方法をご存知ですか?

風水的に、黄色いものは金運がアップし商売繫盛すると言われ、西側に置くと、さらに効果があると言われています。

胡蝶蘭の中では珍しい、黄色い花びらは、10年もの年月をかけて交配を繰り返しようやく完成した新しい品種です。それまでの黄色系の胡蝶蘭は、色合いも冴えず花びらも小さく目立たないものでした。 より大きくより鮮やかな黄色の胡蝶蘭を求めて、ようやく出来上がりました。

胡蝶蘭中大輪:ゴールデンエイジ 3本立ち

配送前に商品や札等の写真をお送りします(無料)
胡蝶蘭中大輪:ゴールデンエイジ 3本立ち
14,300円税込:送料無料北海道、沖縄、離島は¥2,750税込 / 離島要相談 もっとみる!→≫≫≫ 産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

胡蝶蘭大輪 アポロン

胡蝶蘭大輪 アポロン 3本立ち 35輪〜40輪前後:輪数はつぼみを含んでおります。
配送前に商品や札等の写真をお送りします(無料)送料無料!22,000円税込:沖縄、北海道、離島は¥2,750税込 / 離島要相談 もっとみる!→≫≫≫ 産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

社長会長就任祝い同時の立て札の正しい書き方

就任祝いの大切な贈り物には、贈り主の名前や祝福の文言を添えることがマナーです。そのために贈り物の胡蝶蘭には立て札を付けるのがマナーとされています。

立て札には数多く届くであろう就任祝いが誰から贈られたのかを一目で分かりやすくする役割がありますので、忘れずにつけるようにしましょう。立て札を付ける際には以下のような決まりがあります。

ビジネスシーンでは「木札」が一般的です。

立て札には「祝福の文言+贈り主名」を記す
祝福の文言を中心に左に贈り主名、右に贈り先名を入れる

具体的な立て札の記載例

祝 御就任 ◯◯商事株式会社 代表取締役  ◯◯ 太郎
祝 代表取締役御就任 ◯◯商事株式会社 代表取締役  ◯◯ 太郎

◯の箇所には、贈り主の会社名とお名前を記載します。

出典:産地直送で胡蝶蘭を配送【HitoHana】

立て札には、木札だけでなく厚紙札も選ぶことができることが多いようです。木札は処分が大変なため、カジュアルなビジネスシーンでは厚紙札を選ぶといいでしょう。

社長会長就任祝い同時のメッセージカード

メッセージカードはビジネスシーンでも利用できるのですが、どちらかというと親しい方への贈り物向けと考えた方が無難でしょう。もしどうしてもお祝いの気持ちを言葉として贈りたいのならば、先方が取引先の場合は代わりに電報を使うのも一つの方法ですね。電報ならば、先方に大変丁寧な印象を与えることが出来るはずです。親しい方へメッセージカードを付ける場合は、メッセージカードの文面は多少くだけた表現でも構いません。メッセージカードが添えられていれば、より気持ちのこもったお祝いとして喜ばれます。

しかしメッセージカードを添える際にも、大切なマナーがあります。それが禁句です。禁句とは相手の感情を害したり刺激したりするのを避けるために使うべきでない言葉のことです。以下がメッセージカードを添える際に使うべきでない禁句ですので覚えておきましょう。

  • 忌み言葉…再び、終わる、繰り返すなどの言葉。変わること、特にマイナスのイメージを連想させる。
  • 否定的表現…例えば「昨今は厳しい情勢ではありますが…」などといった表現。忌み言葉同様、マイナスイメージを連想させる。
  • 4や9などの不吉なイメージのある数字…死(4)や苦(9)を連想させるため縁起が悪い。

 

禁句は思わず使ってしまいそうな表現ばかりですが、相手の感情を害する可能性が大いにあります。そのため使わないように細心の注意を払いましょう。 またいくら親しい関係だからと言って、メッセージカードにくだけすぎた文章も記すのも良くありません。お祝いのメッセージは相手を幸せな気分にさせるためのものですから、好意で付けたメッセージカードが相手を不快にさせてしまっては残念です。大切なお祝いの席であるからこそ、親しき仲にも礼儀ありという言葉を忘れないようにしたいですね。きちんとマナーを守って、よりお祝いの気持ちが相手に伝わるようにしましょう。

〇〇様

代表取締役社長就任おめでとうございます。

輝かしい前途を祝し、ご活躍とご発展を

お祈り申し上げます。

〇〇より

社長会長就任祝い同時の電報

就任祝いに電報を送ることは、実はビジネスの世界ではとても多いことです。しかし就任祝いに電報を送ることは簡単そうに思えるかもしれませんが、実はとても奥が深いのです。例えば辞令が内定しているのか、就任後なのかという時期の違いでも送るタイミングが異なります。それ以外にも現社長が退任して新社長が就任する場合など、様々なケースが想定されるため難しいと言えます。さらに記すべき役職名も内定中か、就任後かで変わってきます。基本的に内定時なら旧役職ですが、既に就任後なら現役職名です。当然電報の文面も変わってくるので注意が必要です。

基本的に

「この度はご就任おめでとうございます。今までの実績を元に、今後も素晴らしい手腕を発揮されることと期待申し上げます。」

といった文章だと相手に失礼にならないでしょう。

本来就任祝いの電報は内定発表から1週間以内、もしくは株主総会で正式確定した後に送るとされています。いずれにせよ就任が分かった時点で、なるべく早く電報を送る必要があります。しかし1週間以内でしたら特に問題はないので安心してくださいね。もし就任祝いの贈り物である胡蝶蘭なども併せて送る場合は、仏滅以外の日にお届けすることがマナーです。電報を送るタイミングとして気をつける点は、取引先が休みの日の場合受け取ってもらえるかという点です。さらに就任の内定などを新聞などで知った場合は、その内定が確定したものであるのかを上司などに確認する必要があります。万が一内定が覆った後に、相手の元に電報が届くことは大変失礼なので注意が必要です。ちなみに取引先の方が就任する前の内定時点で祝電を送っている場合は、就任時に再度電報を送る必要はありません。就任後に訪問したり、贈り物をする方法が良いでしょう。

社長会長就任祝い同時の贈り物は相手に失礼のないものを!

就任祝いには胡蝶蘭が定番と言われていますが、必ずしも就任祝いを贈る方が全員胡蝶蘭を選んでいるわけではありません。相手が好きなものや記念になり形として残るものを就任祝いの贈り物として贈る方も多いようです。以下にその具体例とオススメシーン、さらに特徴をまとめました。

胡蝶蘭…就任祝いの贈り物の大定番です。法人から贈る場合も個人から贈る場合も多いですが、法人から贈る場合に特におすすめです。就任祝いとして贈られた胡蝶蘭は会社のロビーなどに飾られるため、贈られた胡蝶蘭の数で会社同士の付き合いの広さをアピールできるというメリットがあります。

  • 商品券・カタログギフト…現金を贈る場合もありますが、現金は相手との関係性や状況により判断が必要となります。特に相手が上司や目上の方だと失礼になる場合もあるので、就任祝いの贈り物としては避けた方が無難です。相手に好きなものを購入して貰えるのがメリットですが、やや個人から贈る場合に向いている贈り物です。
  • お酒…お酒が好きな相手にぴったりの贈り物です。会社設立年や就任年、相手の誕生年のワインや日本酒などを贈る方が多いようです。個人向けの贈り物と言えます。
  • 高級食材…具体的にはカニや高級肉などがこれに当たります。どちらかと言えば就任した本人のみというより、就任した人の家庭をねぎらう意味あいが強いので個人向けの贈り物と言えます。
  • 高級雑貨…グラスなど自分で購入するには高価でなかなか手が出ないものを贈るケースが多いようです。日付や名入れなどをオーダーして贈れば、一生の記念品として大切にしてもらえるでしょう。個人向けの贈り物です。

 

就任祝いの贈り物には様々な種類のものがあるとお分かりいただけたでしょうか。しかし就任祝いにおいて一番大事なことは相手に喜ばれ、かつ失礼のないものを選ぶことです。その点から考えると法人から贈っても個人から贈っても失礼にならず喜ばれる胡蝶蘭は、やはり就任祝いの贈り物として一番おすすめと言えます。さらに胡蝶蘭はカラーバリエーションが豊富で華やかなので、相手の好きな色を選べばさらに喜ばれるに違いありません。

社長会長就任祝い同時のお返しとお礼状もマナーが重要!

多くのお祝い事がそうであるように、就任祝いも頂いたまま放っておくというわけにはいきません。当然、何らかの形でお礼をするのがマナーですよね。基本的に取引先などから就任祝いを貰った場合は、お礼状をもって就任祝いのお返しとすることが多いです。一方親戚や友人に対するお返しとしては、お祝い返しとお礼状でお返しをすることが多いようです。また目下の親戚に対しては、食事に招待するなどの形でお返しをするケースが多いようですよ。しかしこれらはあくまで一例です。特に取引先が相手の場合は、企業の格式によってもお返しの方法は異なりますので、慣例にならって行なうのがベストと言えるでしょう。

ちなみにお返しの相場に関しては、取引先に対してはお礼状のみとするのが基本です。しかし特別懇意にしているなどの事情がある場合には、先方の都合を伺ってからお食事に招くなどしても構いません。その際には先方に気持ちの上で負担にならない額で済ませるよう、配慮が必要です。相手が親戚や友人の場合は、頂いた金額の半額程度で現金ではなく商品券などの形でお返しするのが良い方法です。その際には、お礼状を添えることを忘れないようにしましょう。相手の立場によってお返しの方法や相場は異なりますが、いずれのシーンや相手にしても必ず注意しなければならないことがあります。それは食事代の金額が先方に分からないように配慮することです。退店間際にお手洗いに行くなどの形をとって、席を立ちそのまま会計を済ませるとスムーズです。何より金額を知られずにすむので、あらかじめ相手に分からない形で会計を済ませましょう。

ちなみに就任祝いのお礼状についてですが、お礼状にもしかるべきマナーがあります。大原則として、正式に文面としてのお礼状は送付しなければならないと心得ておいてください。単にお礼は口頭で伝えておけば良いと言うものではありません。お礼状の作成方法としては、文例を参照すると良いでしょう。失礼のないお礼状を作成することが出来ますよ。お礼状はお礼の際に手渡しするのが理想です。しかし就任早々は何かと忙しくて現実には手渡しできないケースがほとんどです。それゆえに手渡しできない場合には、送付する必要があります。タイミングとしてはお祝いを頂いてすぐにでもお礼状を出すべきところですが、就任直後は何かと忙しいはずです。状況が落ち着いてからすぐに出すようにしましょう。

しかし基本的にはお礼を受け取ってすぐにお礼状を出せるように、文面の用意だけはしておくのが理想です。最近ではパソコンで作成し印刷したものを出すことが多いですが、本来は手書きでお礼の気持ちをしたためることが常識です。印刷したものを使用する場合にも、手書きの一筆を添えた方がベターです。直筆で自分の気持ちを相手に伝える心配りは大切ですから、忘れないようにしたいですね。ちなみにお祝いに金品を受け取っていた場合については、それに関するお礼についても忘れず書き添えて下さいね。

胡蝶蘭が就任祝いにふさわしい理由

そもそも就任祝いとは?

就任祝いという言葉自体は知っていても、具体的にどういうお祝いであるかを知っている方はそう多くないのではないでしょうか。そもそも、就任祝いの目的は何なのでしょうか。

就任祝いとはその名の通り、取引のある会社や勤務する会社で社長や役員など重要ポストに就く方が交代したり、新たに就任した時のお祝いのことです。大企業では盛大なパーティーを開くこともあります。

社長会長就任祝い同時に胡蝶蘭が喜ばれる理由とは?

就任祝いに胡蝶蘭が選ばれる理由には具体的に2つあります。まずはその花言葉です。胡蝶蘭には「幸福が飛んでくる」という花言葉があります。この花言葉は胡蝶蘭の花姿が蝶がひらひらと舞う様子を連想させることから生まれたそうです。蝶がひらひらと舞いながら幸せを運んでくるイメージを連想させる、とても素敵な花言葉ですよね。就任祝いのように新しい門出を迎え、これからのさらなる活躍が期待される方にとってはとても嬉しい花言葉だと言えます。

さらに就任祝いで贈る胡蝶蘭は鉢植えなのですが、実は鉢植えにも就任祝いにふさわしい理由があります。その理由は、鉢植えに「根が張る」という意味があることです。つまり鉢植えの植物を贈ることによって、いつまでも今の地位や業績が盤石のものでありますようにという願いを込めることが出来ますよ。今の幸せを願いつつさらなる活躍を願う意味があるため、鉢植えの胡蝶蘭はとても縁起が良く就任祝いの贈り物としてふさわしく喜ばれるのです。

社長会長就任祝い同時に胡蝶蘭を贈る意味とは?

就任祝いがどういうお祝いであるかや胡蝶蘭が就任祝いの贈り物に喜ばれる理由はお分かりいただけたかと思いますが、そもそも就任祝いに贈り物を贈る意味とは何なのでしょうか。仰々しく贈り物を贈らずとも、お祝いの電報だけでいいのではないかと考える方もいるかもしれません。しかし、就任祝いに胡蝶蘭をはじめとした贈り物を贈ることには明確な意味があるのです。

就任祝いとは新しいスタートであり、人生の大きな節目でもあります。この大事な節目にお祝いをしてもらえると誰だって嬉しいですよね。それが心からのお祝いの気持ちを込めて贈った贈り物という形があれば、なおさら喜びの気持ちは大きくなります。自分のために素敵な贈り物を選んでくれたと分かれば、自然と相手に対する印象も良くなりますよね。つまりお祝いの気持ちを込めた胡蝶蘭を贈ることは、より相手と素晴らしい関係を築くチャンスとなります。ビジネスにおける今後の関係を円滑にするためにも、胡蝶蘭のようなお祝いにふさわしい就任祝いは必要不可欠と言えるのです。

HitoHanaの胡蝶蘭「価格帯別人気ランキング!」

就任祝いのマナーとして贈り物を贈る時期に気を付けることや立て札などを付けること、就任祝いには相手の失礼にならず華やかで喜ばれる胡蝶蘭が一番ふさわしいことはお分かりいただけたでしょうか。しかしマナーを完璧にマスターしたとしても、やはり相手に贈るべき就任祝いの相場がはっきりと分からないと困っている方もいるでしょう。それでは次に就任祝いを贈る相手別に、ふさわしい相場と相場に見合ったおすすめの胡蝶蘭について詳しくお話ししましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。胡蝶蘭が就任祝いの贈り物におすすめな理由や贈る際のマナー、さらにはおすすめの価格別で選べる胡蝶蘭通販サイトや就任祝いに贈りたい胡蝶蘭についてはお分かりいただけたかと思います。普段目にすることは多いものの自分宛てにもらうことはあまりない胡蝶蘭は、頂いた時の感激もひとしおです。きっと人生の新たなスタートにピッタリの贈り物となることでしょう。ビジネスにおいて就任祝いのような重要なタイミングで、心からのお祝いの気持ちをきちんと伝えることは今後の関係をより円滑なものにする意味でもとても大切です。ぜひ今回の記事を参考にして相手に感動してもらえる就任祝いの胡蝶蘭を贈って下さいね。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。