お悔やみ

初心者必見!葬儀や葬儀前後のお悔やみ花「種類や相場メッセージ」

初心者必見!葬儀や葬儀前後のお悔やみ花「種類や相場メッセージ」お悔やみ花はなぜ?故人にお供えする花は、故人との別れを惜しむ気持ちをあらわすと同時に、ご遺族の悲しみに寄り添い、心を慰めるために贈るものです。

そのため、お供えの花を贈るときは遺族に不快な思いをさせない事、迷惑をかけない事が大切になります。ご遺族に快く受け取ってもらえるよう、一般的なマナーをきちんと押さえておきましょう。

胡蝶蘭の切り花

切り花のボックスの魅力は、様々な楽しみ方ができる点です。仏間のお供えとして背の高い花瓶に豪華にまとめて活けて頂く、1本づつわけて活ける、または背の低い丸い花瓶に一輪づつ浮かべたり、飾り方を自由に出来ます。また胡蝶蘭は他の花より圧倒的に花持ちがよく、切り花の状態でも2週間程度楽しめます。鉢物に比べスペースを取りませんので、場所を選ばずお送りできるのが特徴です。

胡蝶蘭大輪 白 お供え用 切り花 3本入り ボックス 7,150円税込5本入り ボックス 8,250円税込 送料無料!離島要相談 配送前に商品や札等の写真をお送りします(無料)出典:HitoHanaの胡蝶蘭切り花

菊の入ったお供え花アレンジメント

フラワーアレンジメントは目立ち過ぎず、お悔やみの気持ちをそつとなく伝えるデザインとなっています。白をメインに気品漂う装いに仕上げたお供え用のアレンジメント。【全国配送】 菊の入ったお供え花アレンジメント 10,000円 【当日発送可】11,000円税込:送料無料北海道、沖縄、離島は¥2,750税込 / 離島要相談 配送前に商品や札等の写真をお送りします(無料):出典:お供え・お悔やみのお花【HitoHana】

初心者必見!葬儀や葬儀前後のお悔やみ花「種類や相場メッセージ」

お悔やみ花のマナー

お悔やみとは?

「人の死を弔う(ともらう)こと。また弔うことば。」という意味です。弔うとは、人の死を悲しむことです。

「お悔やみ申し上げます。」は弔電の文中でもご遺族との会話の両方で使うことができます。それに対して、「ご愁傷様です。」は遺族との会話のみで使うことができます。弔電で使うことはできません。

お悔やみの言葉には「お悔やみ申し上げます。」が万能であるということです。この言葉はほとんどの場面で使うことができます。

枕花とは?

お亡くなりになったことを知って直ぐにご自宅などに贈られるのは、枕花といいます。最近では病院などから直接、葬儀会館などの安置場所にご遺体を安置されるケースもありますが、いったんご自宅にご遺体を連れ帰って、通夜が行われる日まで安置され弔問客を迎えるご家庭もあります。こうした際にご自宅に贈り、枕元などに備えてご遺体への気持ちを伝え、ご遺族の気持ちに寄り添うお花を贈るのが枕花です。

供花とは?

供花(供華)は、「きょうか」または「くげ」と読み、亡くなられた方のご冥福を祈る気持ち(弔意)を込めて花を供えることで霊を慰めるという意味を持っています。葬儀場にスタンド花や花束の形で贈られるものは、供花または弔花(ちょうか)といいます。通夜や告別式などの葬儀に際して祭壇にお供えするお花のことです。

献花とは?

多くはキリスト教式の際に、お寺でいう焼香の代わりに哀悼の意を示すために祭壇に捧げるものになります。献花のお花は参列者が個々に用意するのではなく、教会のほうで白いバラや白いカーネーション、白い菊などが用意されます。

別れ花とは?

仏式の場合で出棺前に棺の中に参列者がみんなでお花を入れる場合は別れ花と呼ばれています。祭壇に飾られていた花やスタンド花などを利用し、茎の部分をほぼカットして花の部分のみを利用するのが一般的です。

お悔やみ花のマナー

贈りもの

お通夜の前までに贈る「枕花」から、四十九日までは白を基調としたお花が好ましいとされており、四十九日以降の月命日や一回忌、三回忌と、日を重ねるにつれ淡い色が入ったものへと移っていきます。また、故人の好きなお花を贈る方も増えています。

バラなどのトゲがあるお花や、すずらんやスイセンなど毒のあるお花はなるべく避けるようにしましょう。

相場

個人でご自宅に贈る場合は5,000円~1万円程度が目安です。近親者からの贈りものや、会社・連盟からの贈る場合、法要・法事で飾る場合は1万円以上のお花が選ばれています。

※お寺等の会場へお届けの場合は、会場での受け取りが可能なことを事前にご確認ください。

立て札・メッセージカード

四十九日の前までは「御供」や「御霊前」、四十九日以降は「御供」や「御仏前」とするのが一般的です。送り主のお名前がわかるように記載するようにしましょう。HitoHanaでは、贈るお花の種類によって、立て札やメッセージカードが無料です。

葬儀・葬式に贈るお悔みのスタンド花

葬儀・葬式の供花にお贈りいただけるスタンド花。白を基調としたお供えのお花をフローリスト一人ひとりのデザインでお作りします。正午までの注文で最短翌日にお届けします。

【全国配送】お供え用スタンド花 白 15,000円 1段 ¥16,500円税込~ 全国配送可能!送料無料/北海道は ¥2,750(税込) / 沖縄配送不可・離島要相談 出典:お供え・お悔やみのお花【HitoHana】

葬儀・葬式|お悔やみの立て札とメッセージカード

 

式場にお届けする場合の注意事項

  • 式当日の配送は道路交通や運送状況により配送遅延のリスクもございます。
  • 式場よっては、配送や持ち込みでのお受け取りをされない場合があります。注文前にご確認ください。
  • 式場にて受取拒否の場合、商品のキャンセル対応は出来かねます。ご注意ください。

主要な法事・法要の種類

種類 時期 現在での扱い
追悼法要 初七日 7日目 遺族、親族、知人・友人、僧侶が参列。
二七日 14日目 遺族のみ。省略されることもある。
三七日 21日目 同上。
四七日 28日目 同上。
五七日 35日目 同上。※この日を忌明けとする宗派もある。
六七日 42日目 遺族のみ。省略されることもある。
四十九日 49日目 遺族、親族、知人・友人、僧侶が参列。忌明けの日。
百か日 100日目 遺族のみ。省略されることもある。
年忌法要 一周忌 満1年目 遺族、親族、知人・友人、僧侶が参列。
三回忌 満2年目 同上。
七回忌 満6年目 遺族、親族で供養。七回忌以降は縮小傾向にある。
十三回忌 満12年目 遺族のみ。
十七回忌 満16年目 遺族のみ。省略されることもある。
二十三回忌 満22年目 同上。
二十七回忌 満26年目 同上。
三十三回忌 満32年目 遺族のみ。三十三回忌で弔い上げの場合が多い。

出典:https://www.osohshiki.jp/column/article/15/

四十九日前の法事・法要の際は白花を用いることがマナーとなりますが、その後は故人のお好きだった色などお好みの色が選べます。故人が女性の場合は、ピンクの大輪の胡蝶蘭などが喜ばれています。

葬儀後のお花

葬儀後のお花

葬儀に届けるのは一般的ですが、少し間を置いてから届けることで喜ばれる場合もあります。葬祭場から持ち帰ってきたお花が枯れるくらいのタイミング(1週間後)くらいに贈って差し上げると、四十九日を迎えるまでお花は絶やさずに済みます。

初七日の法要

ちなみに、最近の傾向では初七日の法要は葬儀と一緒に行われます。お供え花は、初七日か四十九日のどちらかに贈るだけで問題ありません。枕花程度の花がふさわしいでしょう。御霊前には色ものを入れないで白を基調に仕上げる白上がりと呼ばれる花を用意するのが無難です。胡蝶蘭を贈る場合は、枕花や葬儀の供花と同様に白い花色の胡蝶蘭を選びましょう。

四十九日以降のお花

四十九日以降

「アポロン」は、お祝いだけではなく、四十九日以降のお供え花としても贈る方がいらっしゃいます。四十九日以降は、故人の好きな色を贈くってもいいのです。

百か日の法要

故人が亡くなってから100日目、遺族もそろそろ泣くことを止めるのが百か日の頃とされています。忌明け後、故人が仏となって最初の法要です。百か日となると、供花も白上がりでなく、故人が好きだった色や淡い色あいを入れた少し華やかさのある胡蝶蘭を選んでも良い頃です。胡蝶蘭であれば、優しい色あいのミディ胡蝶蘭を選ばれてはいかがでしょうか。

一周忌の法要

命日から満1年を迎えた一周忌は、いちばん大切な年忌法要とされています。供花の大きさは枕花程度で十分ですが、色あいは故人が好んだ明るく華やかなものを選んで差し支えありません。弔う花から偲ぶ花へと変わるタイミングです。胡蝶蘭を贈る場合は、カラフルな色みがあるミディ胡蝶蘭はもちろん、ピンクや黄色の大輪や中大輪胡蝶蘭も法事・法要のお供え花としておすすめなのです。

一周忌以降の心遣い

一周忌以降、年忌法要は徐々に親族だけで営まれるようになります。それだけに、祭壇まわりに花が少なくなり淋しく感じられることがあるかもしれません。そのような場合に華やかなお供え花を贈るのは優しい心遣いといえそうですね。

四十九日以降|胡蝶蘭大輪

大輪蘭大輪ピンク 3本立ち

配送前に商品や札等の写真をお送りします(無料)大輪蘭大輪ピンク 3本立ち 35輪〜40輪前後¥22,000円税込、胡蝶蘭大輪ピンク 5本立ち65輪〜73輪前後¥55,000円税込 出典:お供え・お悔やみのお花【HitoHana】

胡蝶蘭大輪 アポロン 3本立ち

配送前に商品や札等の写真をお送りします(無料)胡蝶蘭大輪 アポロン 3本立ち 35輪〜40輪前後 ¥22,000円税込 送料無料沖縄配送不可 / 離島要相談 出典:お供え・お悔やみのお花【HitoHana】

法事法要|お悔やみの立札とメッセージカード

胡蝶蘭をお送りする際には、立札は「御供(ごくう)・供(キョウ・ク・そなえる)」とともに贈り主様のお名前を記載します。相手の方のお名前は記載しないので注意してください。 お花に札をつけておくることで、交友関係から故人の生前の人柄が周りの方にも伝わるでしょう。

お悔やみ花|胡蝶蘭一覧

お供えに使われる代表的なお花は菊、清楚な雰囲気で花持ちが良く、花粉などが少なく周囲を汚さない菊の花は昔から様々なお供えに使われてきました。

一方で胡蝶蘭も、実は清楚で花持ちが良く周囲を汚さないお花なのです。またお供えの予算に応じて胡蝶蘭は価格で選ぶことが出来るので、お供えに選びやすいお花と言えるのです。

胡蝶蘭は美しい佇まいが故人を偲ぶのにふさわしいと考えられており、お供えの花として贈られています。豊富な品種や色を取り揃えるHitoHana(ひとはな)では、胡蝶蘭を送料無料!

お供えとして贈られる胡蝶蘭の相場は法人・個人共に1万円~3万円でご遺族への偲ぶ気持ちを込めて清らかな白色を贈ることがマナーですが、45日後は、「弔う花」から「偲ぶ花」へとかわり、故人が好んだ明るい華やかなものを選らばれてもよいでしょう。

胡蝶蘭はミニ胡蝶蘭、ミディ胡蝶蘭、中大輪胡蝶蘭、大輪胡蝶蘭があります。飾る場所で胡蝶蘭を選んでみてはどうでしょうか?⇒≫≫≫お供え・お悔やみのお花【HitoHana】

四十九日前の法事・法要の際は白花を用いることがマナーとなりますが、その後は故人のお好きだった色などお好みの色が選べます。故人が女性の場合は、ピンクの大輪の胡蝶蘭などが喜ばれています。

お悔やみ花|自宅に最適なブリザーブドフラワー

コンパクトなマンションのお仏壇に。

さまざまな理由でお仏壇を持たないおうちはたくさんあります。仏花はコンパクトなお仏壇に飾るよう配慮されているので小さいながらもプリザーブドフラワーをふんだんに使用して生花のような美しさを感じていただけます。優しい色のアレンジなので器を変えるだけで表情を変えてくれますよ。。→≫≫≫≫ 想いをお花に込めて【ブリザーブドフラワー】

プリザーブドフラワーとは?:生花を長期間楽しめるように 保存加工(プリザーブド加工)を施したお花 プリザーブドフラワー。生花のようなみずみずしさを保ちながら、夏の暑い時期も 冬の水が冷たい時期もきれいに咲き続けるプリザーブドフラワーは、 お仏壇のお世話をする方にとって、かけがえのないものになるでしょう。

 

美しい状態の生花に特殊な防腐処理を施したプリザーブドフラワーは、「痛む」「腐る」「枯れる」「虫がつく」「花粉が落ちる」いうことがありません。2~3年、飾っていただく環境によっては、さらに長期間美しさを保ちます。 生ける手間や水替えなど お花のある生活には欠かせない 日々の手入れはいりませんので、簡単に気軽にお供えしていただけます。→≫≫≫≫ 想いをお花に込めて【ブリザーブドフラワー】

まとめ|お悔み花の種類と相場一覧

白をメインに気品漂う装いに仕上げたお供え用のアレンジメント。 セレクトした季節のお花をフローリストが1つ1つ丁寧にお作りしたフラワーアレンジメントは目立ち過ぎず、お悔やみの気持ちをそつとなく伝えるデザインとなっております。出典:お供え・お悔やみのお花【HitoHana】

HitoHanaの胡蝶蘭は、法事法要の供花として立て札・ラッピング・配送料無料で法事・法要の会場やご自宅へ送ることができます。

お悔やみ花の相場

個人でご自宅に贈る場合は5,000円~1万円程度が目安です。近親者からの贈りものや、会社・連盟からの贈る場合、法要・法事で飾る場合は1万円以上のお花が選ばれています。

華やかな大輪から楚々としたマイクロ胡蝶蘭まで多様な商品を用意していますので故人のイメージに合わせて贈ると良いでしょう。

供花や葬儀・御霊前にお使いいだける、白や紫を基調とし菊をあしらったアレンジメントです。正午までの注文で全国に当日発送。メッセージカードや立て札も無料でご利用いただけます。 出典:お供え・お悔やみのお花【HitoHana】

 

 

最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

 

お悔やみ 花 葬儀後
お悔やみ 花 プリザーブドフラワー
お悔やみ 花 自宅
お悔やみ 花 種類
お悔やみ 花 メッセージ
お悔やみ 花 相場